Mishin pottery creation 「soak」ティーポット

Mishin pottery creation 
「soak」ティーポット

販売価格: 10,450円(税込)

在庫わずか

商品詳細

Mishin pottery creation 「soak」 ティーポット 

蓋の納まりや、水切れのよい注ぎ口、持ちやすいカーブを描く取手。計算された使いやすさが細部に光ります。

ろくろで直線をだすのは大変なことですが、soakのポットの胴は、形がとても正確です。

またくの字に施された”しのぎ”も神経を使う作業ですがとても美しく、作家さんの技術と意識の高さが現れています。

 

「soak」とは「浸す」ということ。
素焼きの器を釉薬に浸す、その工程から名付けられたシリーズです。
南欧の片田舎で使われているような器のデザインと、日本の伝統的な釉薬や技法を組み合わせるという意外性が、普遍的なアイテムを生み出しました。

釉薬を掛け合わせることによって生まれる微妙な色合いは、時に柔らかく、時に力強い。
表面を削り出して入れる鎬(しのぎ)と呼ばれる刻線が、凛とした個性を主張します。 

「日々使うほどに、愛着の増す器づくりを目指してます」という新井さんの言葉は、mishim のコンセプトとも重なります。新井さんの作品は、言葉通りシンプルで優しい器。その中にチラリと遊び心あり、なんとも楽しい気持ちになります。soakは、mishimと新井さんのチャレンジと熱意、そして確かなロクロ引きの技術と探究心で出来上がったシリーズです。

 

■素材

陶器  電子レンジ×、食洗機×、直火×

■サイズ

直径約11cm x 高さ約12cm

 

 

Mishin pottery creation

ひとの手と多くの時間を重ねて出来上がった物には、その先に物語がうまれてゆく・・・。そんな思いから「将来アンティークになっていけるもの」を目指した物作りをしている。個性の違う陶芸作家たちとのコラボレーションにより、日常を一緒に過ごす器、日常を愛おしいと思える器を生み出しています。

 

新井尋詞

1970 愛知県常滑市 生まれ

1994 愛知県立窯業高等技術専門校デザイン科 卒業

1994から常滑市内の製陶所で働きながら製陶技術を学ぶ